2005年06月14日

オーバー・ザ・レインボウ[完全版?]

土曜日の早朝、ツーロン3決のあとワールドユースを横目で見ながら、
ツーロン決勝を見て、
妙なテンションになったランラン☆カンカンの中の人たちは、
その勢いで谷口くん対モギーニョを、この目で確かめねば!という
誰にも頼まれない使命感に燃え、
等々力まで「フロンターレ対サンフレッチェ」を見に行っちゃったのでした。

まさか、モギーニョに対抗して、谷口くんにニックネームをつけるための
生観戦だったとは、なかなか言えないもんだ…

途中、広島ギャルらしき集団から漏れ聞えた
「モギッチェ」という単語に衝撃を受けてしまい、
「サンチェ(オス熊)」「フレッチェ(メス熊)」「モギッチェ(人間)」という、
マスコット三段活用(?)に、茂木くんは「ストライカー」としての存在価値を
求められてないんだろうかと、ちょと不安になることしばし…
まあ、モギーニョってのもどうなんだって話だけど。

試合前の練習に出てきた両チームの選手の中で、白く輝くモギーニョは、
降り出した雨の中でもすぐわかったけど、
谷口くんを探すのにちょっと手間取りました…だって、
名鑑の写真、ウソじゃん!(爆)あれ、相当似てないです、本人に。
あご上げ過ぎだよ…とは思ってたんだけど、ここまで印象が違うとは(驚)

スタメンの谷口くんはドイスボランチの1枚をやっていて、
すんごい「俺様な香り」をまき散らしておられました。
ボールが切れるたびに、仲間(先輩方々)に指示を出す。
(聞いてくれてるのかは別)
ふと気がつくと、FWより前に飛び出してて、相手ゴールキックになっても、
なかなかディフェンスに戻らない(笑)
かと思うと、しゃかりきになってディフェンスを始める。
FKのチャンスに、あきらかにお呼びじゃないのに、わざわざボールに触りに行って
さりげなく味方にアピール(してるつもり)。
味方が倒されたら、キャプテンをさし置いて、真っ先に審判に言いつけに行く。
相手にしてもらえないと見るや、捨てゼリフを吐いて偉そうに立ち去る(笑)
FKの壁に入り、ポジションを審判に注意されても、だってだってと反論!
実はルーズソックス派。
(練習中ショートソックスだったので、もしや…とチェックしてたら、
前半終了時にはふくらはぎの下まで落ちてました〜)
攻撃が無駄になろうが、自分がミスしようが、いついかなる時でも
「歩き方が偉そう」(笑)
ふてぶてしさ満点。

なんて、サッカー観戦としては間違ったトコばかりに注目してますが、
ワンタッチでパスを回していく判断の速さとリズムには
「これはまさしく、ツーロン仕込みなのではないか!?」と、
勝手に鼻をふくらませてみちゃったわけです。

試合中、谷口くんを「ヒロリン」と名付けてみたんだけど、
KANKANにそんなにかわいくないと却下され(偉そうだから)、
代わりにあてがわれそうになったのが「ピロリ」。
……それは水虫菌だーーーーーーー!
「じゃあ、ヒロポン。」
意味的にやばいんじゃーーーー?
「いや、そのくらいプレーで活性化されてるってことで」
ことで、じゃないよ。

そんな会話の眼下では、今回のもう一人の主役であるモギーニョが、
もくもくとアップをし続けてました…
そう、等々力のピッチにツーロンU21代表が、顔をそろえるのを
心待ちにしてたんだけど、なんと。
後半途中でヒロリン(仮)に肩の負傷というアクシデントが!!
相手と交錯して、左肩から落ちちゃったらしく、その痛がりっぷりは、
もうビート板持たせて水に浮べたら進んじゃいそうなほどの、バタ足!
ところがトレーナーがすぐに○を出して、たいした治療もされずに
ゲームへ戻されてみたものの、スタンドから見てると
明らかに左肩を動かせないカンジ。かなりやばそうだよぅ!
もっと痛いってアピールしなよぅ…でも自分から×を出したくないのかな…

ヒロリン(仮)がすごいヤツだ!と思ったのは、そんな状態でプレーに集中できなくて
悔しい!痛いんだよ!という時でも、偉そう(笑) 絶対に下向かない。
だって、天仰いでるんだもん。
結局、重症だってことにやっと気がついたベンチが(遅いよ)交代させるまで、
1度たりとピッチでうつむかなかったヒロリン(仮)。
これが世界基準。これがツーロン魂なのでしょうか…
(いや、もともと名鑑の写真からしてあごが上がってるんだから
 さらにあご上げの角度が鍛えられてきたってこと?)

そして、ヒロリン(仮)と入れ違いで、やっと登場したモギーニョ!
でも、なかなかいい球が出てこなくて、前線をぐるぐると動き回ってはいたんだけど、
うまく試合の流れに入れてもらえなかったカンジ…。
そんなこんなしてるうちに、川崎のブラジル人2人が激しく機能し始めて、
結局駄目押しの3点目。3-1で川崎の完勝でした。

モギーニョがお肌の白さだけじゃなく、ツーロン魂を輝かせるには、
もうちょっと、あと少し、のチャンスが必要なのかも…


試合前の練習中、こらえていた雨がとうとう降りだして、
カッパをごそごそと着こんだとたん、
雨の中そこだけおかしなくらい夕日を浴びていたバックスタンドの上に、
大きなそして完ぺきな半円弧の虹がかかったのでした。
だんだん色が濃くなってきたなと見とれていたら、ついにはその上にもう1つの虹が。
そう、二重の虹がかかったんです。

ラン☆カンは、別にどの宗教も信じてないですが、
神様がいるんだとしたらそれは「時間」だろうと思ってます。
「タイミング」っていう方がしっくりくるかも…。
偶然と必然の差異の中に、自分にとって本当に必要な意味を見つけられるのは、
「タイミング」を見極める能力によるんじゃないかと。

他人にとっては下らない偶然かもしれない。
でも、自分にとって意味があれば、
それは「タイミングの神様が与えてくれた」必然。


ピッチ上には、ツーロンU21日本代表に選ばれた選手たちがいる。
スタンドには彼らの代表姿を、なんとか見届けたいと奮闘してみた人間がいる。

そして、虹が出た。

つなぐものであり、越えるもの。

ここから先は、彼ら自身のふんばりをこうやって応援することしかできないけど、
またいつか、偶然という虹が空にかかり、それを必然だと思わせてくれるような、
そんなステキな「タイミング」をつかむ瞬間の彼らを
見届ける場所にいられたらと思います。
そして虹を越えていくごとに、彼らが強くなれますようにと
声援をおくりつづけられたらいいなと。

虹を見上げながら、ちょびっとばかし「うるる」ときた
ランラン☆カンカンの中の人たち…寝不足の日々で非常にセンシティブな
決勝戦の終わった12時間後なのでした。

*********************************

あ、なんかクサイな〜。夜中に書く手紙が恥ずかしいっていうのは
こういうことですね。
すぐに書き直しちゃうだろうけど、とりあえず、
のばしのばしにするのも嫌なので書き込んでおきます。

結局書き直す気力なしです…
まあ、この時のラン☆カンはイっちゃってた、という記念に(泣)

*********************************

ちなみに虹は、同じ日、川を越えた調布の味スタにもかかったようです。
そして、そのスタジアムには「初ゴール」を決めた、チンくんが。

みんな一歩ずつ、新しい自分へ踏み出してるよ!!

posted by ラン☆カン at 04:34| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーロンU21代表・その後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

経験してしまった、ぼくらの第一歩。

ツーロンU21日本代表たちが帰国して、最初の試合が終わりました。
あのメンバーが、それぞれのチームでどんな風を吹かせたのか
気合を入れて調べてみました〜。

彼らの顔が気になったら、
「ぼくらの記念アルバム風。」
をのぞいてみてくださいねん。



ナビスコカップ(予選リーグ)第6節

【新潟 3-0 浦和レッズ】
*浦和 21徳重健太 ベンチ入りなし


【千葉 3-2 東京】
*千葉 20工藤浩平 ベンチ入りなし
*東京 29前田和也 ベンチ入りなし
 チームに合流した勝俣前田くんのコメントです
☆行く前よりも自信ができた☆
『……フランス戦(3日)では3バックの右ストッパーでフル出場。
 1−2で敗れたが、フランス1部のチームで活躍している相手FWに対し、
 競り負ける場面はほとんどなかったという。……』


【大分 0-0 柏】
*大分 18倉本崇史 ベンチ入りなし

*柏 18矢野貴章 △55分に19宇野沢裕次に代わって途中出場
柏の公式HPトップにキショーの写真とコメントがアップされてます!
☆フランスで得た自信☆
(追記:トップのニュースが変わってしまったので、現在は見られません(泣))
『大分戦に途中出場し、チーム最多の3本のシュートを放った矢野貴章選手。
 ツーロン国際大会の経験が実ったのでしょう、
 積極的なプレーでチームを鼓舞しました。
 「今日のプレーが最低限。次は必ず点をとる」。
 スタジアムを後にするその表情には、自信があふれていました。』

いいよいいよ〜!!!!!!(感涙)


【川崎 3-1 広島】
*川崎 29谷口博之 ▼67分に負傷のため3佐原秀樹と交代
谷口くんは肩の負傷で、そうとうに辛そうだったのですが、詳しくはわかりません(泣)

*広島 9茂木弘人 △70分に7森崎浩司に代わって途中出場


【清水 0-1 名古屋】
*清水 35藤本淳吾 ▼80分に20佐藤由紀彦と交代
清水・ケンタ(監督)のコメント
「藤本は帰国したばかりで体調が万全でなかったこともあるが、
 トップ下というポジションでは彼本来の力が発揮できなかった。
 途中から右アウトサイドにポジションを変えてからは彼本来の技術と
 ゴールに向かうプレーを随所に見せてくれた。今後はゲームの中で
 もっと彼本来のプレーを見せてくれることを期待している。」

ツーロンでの唯一の得点者ですよ!
どんどん使って、どんどん輝かせてあげてください(念)


【ヴェルディ 1-2 ガンバ大阪】
*ガンバ 20寺田紳一 △64分に11松波正信に代わって途中出場
☆その4分後に得点1

☆チンくんのコメント☆
「フェルナンジーニョがいいパスを出してくれたんで、あとは決めるだけだった。
 入ってよかった。ドンピシャっす。前の試合で外していたんで、
 みんなには『やっと決めたか』って言われた。
 監督もずっと使ってくれていたんで、がんばろうと思った。
 (今後の課題については)ゴール付近でプレーすることが多いので、
 もっとゴールに絡むプレーを増やさないとダメだと思う」

うはああああああーーーーー!プロ入り初ゴール!ゴール!やったね!!!(感動)

チンくんは去年U19に入ってるんだけど、
今オランダで開催されてるワールドユース熊代表に入れなかったわけで…
でも、そのことに関して「悔しいとは思わない。代表のみんなには頑張ってほしい」と
コメントしてます。
そうだよ!オランダとは違う経験を、ツーロンでしてるんだもん。
どっちがどう、じゃなくて、本人が経験をどう昇華していくかって話だもんね。

*ガンバ 21三木良太 ベンチ入りなし
 ミキティはツーロン2試合目フランス戦で負傷交代してましたが、
 診断の結果です…(涙)
 ◇病名 左足部捻挫
 ◇検査 6月8日(水)に茨木市内病院にて受診
 ◇復帰 全治2週間の見込み

*ガンバ 30青木良太 ベンチ入りのみ
*ガンバ 31木村敦志 ベンチ入りなし


【セレッソ大阪 2-0 鹿島】
*セレッソ 15千葉貴仁 ベンチ入りなし
*セレッソ 17酒本憲幸 ベンチ入りなし

公式戦には出られなかったけど、6/10の練習試合、対立命館大学戦には2人とも出場。
シャケは1点取って、チームも2-0で勝ってます。


J2 第16節

【水戸 1-2 山形】
*山形 17高木和正 ベンチ入りのみ


【京都 3-2 福岡】
*京都 25六車拓也 ベンチ入りなし


【鳥栖 0-1 草津】
*鳥栖 13高橋義希 後半スタート時から9竹村栄哉に代わって出場
☆ヨシキのコメント☆
「もう少し決定機を作りたかった。フランス(トゥーロン大会)の経験は出せたと思う。
 疲れはあったが、試合では動けたと思う」
イクオ(監督)への質問
Q:高橋選手が後半から出場したが評価は?
「良かった。決定機も作ったし、ボールに触ってからのミスがなかった。
 左サイドでそれなりの形を作ってくれた。合格点です」

はた目には疲れなど見えない活躍で、
草津のマークを巧みに外してパスコースを作って、
流れを一気に鳥栖に引き寄せた模様!
75分には右サイドに開いたヨシキが中に切れ込んでファールを誘ってFKを獲得!
でも残念ながら、幾度のチャンスも得点には至らず、
終了間際にPKを取られ、草津にアウェーの初勝利を献上したそうです。

今さらながらですが、ヨシキの「ツーロン代表に選ばれた喜びのコメント」が
鳥栖公式HPに動画でUPされていたのに気がついたので、
よかったら見てくださいませ。



*横浜M 33北野翔 (マリノスはリーグ戦免除のため試合なし)
*磐田 20大井健太郎 (磐田はリーグ戦免除のため試合なし)

ちなみに、ラン☆カンは今日(ってもう昨日…というパターンが続いてますが)
横国改め日産スタジアムにバルサ対マリノスを見に行ったのですが、
残念ながらショーくんの出場はありませんでした。
ベンチ入りはしてたみたいなんですが。
そのかわり、メキシコ9番の偽双子「坂田大輔(本物)」
偽双子メンドーサくんを彷彿とさせるような、キレキレっぷりで
開始1分にいきなりゴールを決めたのには、びっくりでしたよぅ…


下で書きかけた記事は、またあとで書くことにします。
さすがに2日間続けてスタジアム観戦は、面白かった分、
脳みそのしわがのびきっちゃいました〜(汗)
posted by ラン☆カン at 01:57| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーロンU21代表・その後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

オーバー・ザ・レインボウ

ツーロンが終わってしまい、あとはぬるぬると
公式記録を書き写そうかな〜と、思っていたのですが
今日(もう昨日だ)は突如、ツーロンの香りを嗅ぎに等々力まで行ってきました!
ナビスコカップの川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島戦…

そう、谷口博之くんがスタメンで、モギーニョがスタベン(スターティングベンチ)
だったんですよぅ〜。

代表帰りの彼らがどんな活躍をしたのか、またあとで書いてみます。

posted by ラン☆カン at 00:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

2005ツーロン。各賞の発表〜!ぱふーぱふー

決勝戦のあと、4チームが勢ぞろいした中で行われた表彰式。
(勢ぞろいであって、整列じゃありません(笑))
すんごいだらだらほのぼのした中で手渡された、各賞はこんなカンジでした。

Les re´compenses[大会からのごほうび〜]

☆Meilleur joueur[ベストじゃなくてベターなんだけど…プレーヤー]
 フランス2 Mvuemba Arnold

☆Joueur le plus e´le´gant[とってもエレガントでしたで賞]
 ポルトガル8 Organista

☆Joueur le plus courtois[おもいやり一番でしたで賞]
 フランス19 Jimmy Briand

えええええええええ!!!!!ちょっと待てい!!!!!!!
そりゃ彼は、見た目の割に汚いプレーをしないヤツだったと思うけど…
そんな賞もらってたのーーーー???
え?あの突破は?あのボールコントロールは?あのシュートは?
うお〜!とちっこいMedia Playerの画面に叫ぶことの連続だった
あのプレーの数々は
「おもいやりのかたまりだったのですか」(爆)
フランス的にはそうなんですね。わかりました。いやよくわかんないけど(笑)

☆Meilleur gardien de but[ベター((笑)直訳するとこうなるんだけど…GK]
 フランス1 Steve Mandada

☆Prix spe´cial[特別賞]
 イングランド6 Tom Huddlestone

☆Meilleur buteur[ベターな点取り屋。つか得点王ですね]
 ポルトガル9 Ricardo Te´

☆Souvenir Jean-Philippe Rethacker[ジャン・フィリップの、君を忘れない]
 メキシコ9 坂田(Jose´ Luis Mendoza)

………すみません、このジャン・フィリップ・ラサッカー??さんとは
どなたなのでしょうか?
坂田のどんなところがお気に召しましたでしょうか?

☆Fair Play[フェアプレー賞]
Angleterre(イングランド)

************************************
ちなみに2003のツーロンではフェアプレー賞を日本が、
Souvenir"le plus beau geste"(前にも意訳してみたんだけど、また趣向をかえて(笑))
「けっこうなお点前でしたで賞(英語に訳すとビューティフル・ジェスチャーなんですが)」を
モギーニョがもらってます。

2002年にはLe joueur le + e´le´gant(エレガントプレーヤー賞)に
今、ル・マンにいる松井大輔が選ばれてるんだよ〜。

エレガントとビューティフル…ここら辺が、違いのわかる男ってカンジ?
(何言ってんだ?)

あ、2002年の得点王には中山悟志が。

2000年の大会でも日本はフェアプレー賞をもらってます。

こうやって並べると、得点王の中山以外は、もらってる賞が…
おっとりさん!(笑)
posted by ラン☆カン at 14:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005ツーロン公式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005ツーロン。フランス優勝!

最後両チームとも、思い出づくりに(?)GKをかえてきて、
かえたとたんにフランスが1点返されちゃったのはご愛嬌(笑)
4-1で開催国フランスが第33回ツーロン国際大会を制しました。

19番を王様に、21番、14番とこの3人で構成するトップは
破壊力抜群!
このチームに、2-1で負けたとは言え、本気にさせた
日本代表もすごかったんだな〜と、思っちゃったりします。

あれ?MVPはフランスの2番、Arnold Mvuembaがもらってる〜?
ジミーじゃないのぅ?リプレイは19番と21番ばかりが目立つんだけど(笑)

最終順位は
1 フランス
2 ポルトガル
3 イングランド
4 メキシコ
5 チュニジア
6 南アフリカ
7 日本
8 韓国

あ!坂田が!坂田が何かの賞もらってるよーーー!(ごめん公式発表まで不明です)
ジミーも!フランスの19番もなんかもらったーー!(ごめん以下同)

日本も何かもらえないかなあ〜と思ったんだけど、何もなかった〜(泣)
もう帰っちゃってるしね…

まとめは、公式HPがアップされたらやることにします。
posted by ラン☆カン at 05:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2005ツーロン中継&実況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キターーーー!19番。フランス駄目押し?

後半50分あたり?
止まった画像がうごいたと思ったら、19番にパスが通ってて、
ど真ん中から突破して、GKが逆に倒れるのを見透したかのように、
強烈なシュート!!すっごー…ツーロンの決勝、ただ今3-0です。
う〜ん、いつか生で見てみたいなあ、ジミー・ブリアン!!
凶悪な笑顔がかわいいぞ(笑)

1点目のリプレイが今出てたんだけど、14番からのクロスを
真ん中で19番がスルーして、後ろから来た8番がずどーーん!だったんだよ。
あのスルーで、DFが一瞬、止まったよね。ありゃ?そうくる?って(笑)

ちょっとポルトガル選手の顔つきが、情けないカンジになってきちゃったよ…
あきらめるな!チャンピオンズ・リーグのリバプーみたいな事もあるじゃん!
あんまりないけど(汗)


うわあああん。画面が止まってる間のFKのチャンスで、
13番マケレレ(違)が蹴ったボールを、21番がヘディングで競って入れたあ!

決勝戦、4-0になりました。
posted by ラン☆カン at 04:18| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 2005ツーロン中継&実況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005ツーロン決勝。フランス先制!

もう。10秒おきに画面が止まるので、流れがわかりにくいんだけどっ
(やり場のない怒り)
右SHの14番があっという間に2アシストして、
8番が先制!3分後ぐらいには21番が追加点!
19番はあいかわらずステキです(笑)

今日はポルトガルが2ndジャージで、白+黒。
後ろから見るとはっきり言って、まんまバレンシアだよ(笑)

*********************************
2-0でフランス、リードのまま、前半終了。

話が思いっきりどうでもいい方向へ流れちゃいますが…
(ありゃ、ハーフタイムのBGM、今度はマルーン5?)
3決のハーフタイムに「ラの歌(I'll survive)」のリミックスバージョン
みたいなのが流れてたんだけど、最近はもうロッカールームで
これを歌うの流行ってないのかなあ?(着メロに入れてます(笑))
おとといの準々で、勝利のあとフランスのロッカールームを映したから
期待して見てたのに、歌ってなかったんだよね〜がっかり。
「ラの歌」が流行ったきっかけって、1998ワールドカップ・フランス大会の
「フランス代表密着ドキュメンタリー」(CANAL+制作)がきっかけだよね?
シドニー五輪の出場が決まった国立のロッカールームで、俊輔たちが
「ら・らららら・ららららら…♪」って真似して歌ってたのが、
すっごい印象的だったんだ〜。
あれは、トルシエが選手たちに、「フランス密着ビデオ」を
見せたせいらしいんだけど(笑)

ま、ホントにどうでもいい話でした〜。
posted by ラン☆カン at 03:40| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2005ツーロン中継&実況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慌しく、決勝戦はじまりました!

メキシコ対イングランドがPK戦までやったので、
あっという間に選手入場だあ(笑)
かなり寂しかったバックスタンドもあっという間に人で埋っちゃった。
ピッチはすっかり陰になって、バックスタンドだけが光ってます。
フランスは19番21番のコンビ健在。

ええっとお、プレースキックをパウロ・ソウザと
ちっちゃい金髪の男の子が一緒に出てきて、その子が蹴ったのが
ちょっこりしててすんごいかわいかったよぅ♪

画像が止まり気味…やっぱり決勝だからアクセス集中?
みんなワールドユース、見なよ!(爆)
posted by ラン☆カン at 03:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005ツーロン中継&実況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同点!おいついちゃったよ。PK戦だあ

ありゃ〜。ずっとイングランドの攻勢が続いてたんだけど、
とうとう、9番からステキなパスが出て、DF二人の間にふっと入った
19番がゴールゲット!このボールを受けてからシュートまでは
あっという間で上手かったよぅ。
そしてそして80分終了…。またしてもイングランドPK戦です。

両チームが蹴る順番決めてる間、ピッチの脇ではフランスがアップ開始。

あ〜あ。坂田交代してるからPK蹴れないじゃん!
先制点決めた16番くんも、交代しちゃってるのでちょっとしょんぼり。

イングランド先攻。
9○ / 7×(ふかしちゃったー)
19×(止めた!) / 6○
6○ / 13○
20×(ふかした!) / 18×(止めた!)
メヒコの監督たばこに火をつけた!
7○ / 10(止めた!!)

うわあ…なんかちょっぴり残念。
メヒコ、いいチームなのに〜。

メキシコ対イングランド
1-1
PK2-3
イングランド3位、メキシコの4位が決まりました。
イングランドはカップもらって記念撮影中。
メキシコはがっかりしてたけど、準々で負けた時ほどのショックはないみたい。
それが救いかな。ぼう然としたカンジだけど…
あ、メキシコの監督はすっごい悔しそう。
選手はベンチでもらった小さいカップをうんざりした顔で押しつけあい中(苦笑)

タイプが全く違う2チームで、面白かった〜!
見られて大満足でした♪
posted by ラン☆カン at 02:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005ツーロン中継&実況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツーロン3決後半。うは〜…メヒコ退場!

後半に入って、両チームメンバー交代がいろいろあったんだけど、
準々でポルトガルの選手を退場させた17番Renato Rivera(後半から出場)が
一発レッドで退場してゆかれました…(汗)
クロスを上げた選手の振り上げた足の向う脛を、わざわざ狙って蹴りにいってるよ…

イングランドの度重なるチャンスをしのいだけど、1人少ないメヒコ。
一方のイングランドはメンバー交代で、チームが活性化。
どうなるかなあ〜。

あ、そうそう。準々でラストチャンスを外したとおぼしきメヒコの3番。
さっき、ええっとお…みのもんたの珍プレー好プレーなら
「かき〜〜〜〜ん(金属音)」という効果音がつくところへ
ボールが命中してました…

ぎゃあ、坂田交代〜。つまんない〜。
posted by ラン☆カン at 02:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005ツーロン中継&実況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。