2005年07月01日

世界は、ぼくらの中にある。変えられるのは、ぼくら自身。

7月1日です。ランラン☆カンカンの中の人たちが
突然このブログをたちあげて、1カ月と1日が過ぎました。

ラン☆カンは、毎年1カ月遅れで放送される「ツーロン国際大会」を
なんとなく見続けていたのですが、今年は様子が一変しました。
はじまりは、田嶋幸三氏がFIFAにせっつかれて、
各関係者に承認を得ずに発表してしまった選手リスト。
不運にも1年、この世に生を受けるのが「早すぎて」「遅すぎた」84年組が、
大量に名を連ねているのをみて、
「さすがたっじまん!」と小躍りしたのですが、
結局「ダミー」と呼ばれてリストは引き裂かれてしまいます。

新たに作り直されたリストに対して、目にするコメントは
あまり好意的な感じではありませんでした。
そして、同じ時期に盛り上っているワールドユース組のキラキラしさに
かき消されるように、ツーロン組のニュースはまったく話題にのぼりません。

そんなことって!
だって、彼ら20人は日本を代表する選手として、ユニフォームを身にまとい
時差8時間のスタジアムで戦うっていうのに!!


ラン☆カンが、宇宙の彼方を夢見る子供だった頃、ふと思ったことがあります。
もし、宇宙人が地球に来てたら?
そして、その宇宙人は地球人と違う目を持っていて、
私たちには見えない色が見えるのだとしたら?
その見えない色で描かれたメッセージが、地球上にはあって
宇宙人にしか読み取れない地球の秘密が、そこにあるのだとしたら?


ツーロンで戦うこの日本代表たちを、なんとか応援したい!
そう思ったことで、もしかしたらランラン☆カンカンの中の人たちは、
「今年のツーロン日本代表に興味がない」人たちが見ることはできないものを、
知ることができないメッセージを、
「彼ら」や「試合」から読み取っちゃったんじゃないのかっ?
そして「世界」変えてしまったんじゃないのかっ?
なんて、壮大な妄想をしてしまうのです。

だって、この1カ月、ランラン☆カンカンの中の人たちの過ごした時間は
濃厚で、喜怒哀楽に満ちた「幸せな新しい世界」だったから。
たぶん、ワールドユースやコンフェデしか見ていない人たちよりも!

そして、すっごい短期間に海外の代表たちと戦い抜いてきた
U21代表たちも、彼ら以外には知ることのできない
「世界が変わっちゃうようなメッセージ」を受け取ってるはず。

うん、大げさです。だって夜中だし(笑)

話をドメスティックなレベルに戻すと、
「ツーロンで燃えた!」
「今までよく知らなかった選手にもすっごい思い入れが!」
「決勝戦の徹夜明けでフラフラだけど、試合見に行っちゃえ!」
「あ!!虹が出た〜」

ってことです。(どんなことだ)
他人の脳みその中身はわからないし、確かめてもいないけど、
等々力競技場に架かった虹を、誰よりも幸せな世界の中から見つめていたのは
ランラン☆カンカンの中の人たちです。本人が言うんだから間違いないです(笑)


***********************************

ブログのことをよく知らず、ただ記事を書き連ねることだけに使ってしまった
ランラン☆カンカン。そのせいで、不快感や迷惑をこうむった方がいたら、
申し訳ありませんでした。

ツーロンにみずから望んでふり回された、1カ月。
選手たちが「新しい世界の中の、自分の日常」に帰っていったのを見届けて、
このブログも無事に更新終了です。
つたない文章の羅列に、付き合ってくださった方々、
本当にありがとうございました。

まだまだ、ツーロンのキラキラ星くんたちに関して、
調べてみたいことはいっぱいあるのですが、
それらの記事はもう一つのランラン☆カンカンのブログ
「ワールドユース大特集」の方へ、
ちらほらと書いていこうかな…と思っています。

最後になりましたが、今この文章を読んでくださっている方、
そしてランラン☆カンカンの中の人たち、
そしてそしてなによりも、2005ツーロンU21代表選手と関係者の方々に
最大の感謝を贈りたいでっすぅ。

めるしーぼーくぅ。おぅぼわーる!

ラン☆カン
posted by ラン☆カン at 04:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4754982

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。