2005年06月10日

国境を越えた双子(嘘その2)

ツーロンで発見された坂田大輔の偽双子、
ホセ・ルイス・メンドーサが気になり、またしても
メキシコまではるばると探検に出かけました。

メンドーサくんは、メキシコの「Tigres(ティグレス)」所属なので
そこの公式まで行って、選手名鑑を掘ってきたんですが…

う〜ん。並べてみると、ちょっと違う?

sakata_mendoza.jpg

プレー中はそっくりなんだけど!いやマジで。ポジションもFWだし。

げ!今ごろ気がついた。メンドーサくんの登録名は
Mendoza Guerreroなんだ。
(ホセ・ルイス・メンドーサ・ゲレーロが本名らしい)


それにしてもですね、
メンドーサくんのほうが日本人っぽく見えるのは、
ラン☆カンの視神経がゆがんでいるせいですか?
posted by ラン☆カン at 22:34| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
坂田が南米っぽいのかな?
「サカティ」っていうくらいだし(←意味不明(笑))

ホセ・ルイス…と聞くとチラベルトが出てきてしまうのはKANKANだけ?

メンドーサっていうのも、あちこちで聞き覚えがあるような…

サカティにちなんで「ゲロティ」じゃダメ?(笑)
Posted by KANKAN at 2005年06月10日 22:53
きたなーーーーいい!!
ペロティの邪悪版みたいだな(笑)
いや、試食したくないです。

ホセもルイスもメンドーサも、スペイン語圏に
ありすぎな名前だよね。

だからみんな変なあだ名つけんのかな?

「サカティ」の発音はきっと、ティにアクセントだね(笑)
メキシコでは。
Posted by ラン☆カン at 2005年06月10日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4268107

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。